初心者向け:とりあえず6面揃える

いわゆる「ルービックキューブ」(「ルービックキューブ」は株式会社メガハウス社の登録商標です。)の初心者向け解法。

難しいと思われがちですが、ただ6面揃えるだけなら意外と簡単。幾つかの概念と、簡単な手順2つ、ちょっと長い手順2つを覚えるだけで揃えられます。

用語

センターキューブ
各面の中央のキューブ。動かない。センター。
コーナーキューブ
立方体の角8つのキューブ。コーナー。
エッジキューブ
残りの、コーナーとコーナーの間の、辺の部分のキューブ。エッジ。
回転記号
  • R ・・・ [Right] 右面。
  • L ・・・ [Left] 左面。
  • F ・・・ [Front] 前面。
  • B ・・・ [Back] 後面。
  • U ・・・ [Up] 上面。
  • D ・・・ [Down] 下面。
  • ' ・・・ これが付いていない場合は時計回り、付いている場合は反時計回り。
  • 2 ・・・ 180度回転。
  • w ・・・ 中央列も一緒に回転させる。

基本的な持ち方・回し方

F面のセンターとB面のセンターを、左手の親指と中指でつまむ感じで持つ。

R面は、右手の親指と中指でつまんで回す感じ。

U面は、右手/左手の人差し指で回す。

F面は、右手の人差し指と親指で回す。

手順解説

1面づつ揃えていくのではなく、1層づつ揃えていく。

1層目のエッジ、1層目のコーナー(ここで1層目完成)、2層目のエッジ(ここで1~2層目まで完成)、3層目のエッジ上面、3層目のコーナー上面(ここで上面の色だけ揃う)、3層目のコーナー、3層目のエッジ(ここで完成)
という順番で揃えていく。

D面クロス [Cross]

D面のエッジキューブを揃える。(エッジが揃ったら十字になるのでクロスという。)

対象のエッジキューブは、D面の色(本解説では白とする)だけではなく、側面(RLFB面)の色も合わせなければならない。(センターキューブの色に合わせる)

例1

この状態から...

対象のエッジキューブ(青+白)をセンターキューブ(青)に合わせる(赤の面を回す)

対象のエッジキューブをD面に下げる(青の面を回す)

例2

この状態から...

対象のエッジキューブ(青+白)をセンターキューブ(青)に合わせる(U面を回す)

対象のエッジキューブをD面に下げる(青の面を回す)

例3

既に合っているD面エッジを一旦崩して、戻すケース。

青+白のエッジキューブは正しい場所にある状態。

対象のエッジキューブ(赤+白)をセンターキューブ(赤)に合わせる(青の面を回す)

対象のエッジキューブをD面に下げる(赤の面を回す)

青の面を元に戻す。

1層目 [First Layer]

対象のコーナーキューブの白がR面の場合

対象のコーナーキューブを、入れるべき箇所の真上に持ってくる。

対象のコーナーキューブの白がある方の面(R面)を回して、入れるべき箇所を上に持ってくる。

U面を回して対象のコーナーキューブを入れるべき箇所に移す。

回した側面を戻す。

対象のコーナーキューブの白がF面の場合

対象のコーナーキューブを、入れるべき箇所の真上に持ってくる。

U面を回して対象のコーナーキューブを退避させる。

入れるべき箇所を上に持ってくる。

U面を回して退避させたコーナーキューブを入れるべき箇所に移す。

回した側面を戻す。

対象のコーナーキューブの白がF面の場合(1番目の逆パターン)

対象のコーナーキューブを、入れるべき箇所の真上に持ってくる。

対象のコーナーキューブの白がある方の面(F面)を回して、入れるべき箇所を上に持ってくる。

U面を回して対象のコーナーキューブを入れるべき箇所に移す。

回した側面を戻す。

対象のコーナーキューブの白がU面の場合

対象のコーナーキューブを、入れるべき箇所の真上に持ってくる。

側面を回して対象のコーナーキューブの白のある面を側面に向けさせる。

U面を回して対象のコーナーキューブを退避させる。

回した側面を元に戻す。

対象のコーナーキューブを、入れるべき箇所の真上に持ってきて、「対象のコーナーキューブの白がR面の場合」のパターンを実行する。

※必要なコーナーキューブがD面にある場合や位置は合っているが向きが違う場合は、その場所に適当なコーナーキューブを移動させる事で追い出す。

2層目 [2nd Layer]

対象のエッジキューブ(赤+青)をU面の、側面のセンターキューブと色(青)が一致する場所に持ってくる。

対象のエッジキューブを退避させる。

反対側の側面を、入れるべき場所をU面に上げるように回す。

退避させたエッジキューブを戻す。

回した側面を戻す。これで、1層目のコーナーと2層目のエッジのセットが完成する。

白の面を奥にするようにセットを退避させる。

側面を回してセットを入れるべき場所をU面に持ってくる。

退避させたセットを戻す。

回した側面を戻す。

U面の色を揃える(側面は揃っていない状態) [Orientation of the Last Layer]

クロス

手順(以後、OLL手順1)を1つ覚える。F R U R' U' F'R U R' U' の頭に F 、最後に戻すための F'

エッジの状態を調整して手順を実行する。※コーナーの状態は無視する。

エッジが1箇所も合っていない場合、OLL手順1でエッジ2箇所L型が完成する。

エッジ2箇所L型の場合、色が合っているエッジをLB面側に持って行って、OLL手順1を行うと、エッジ2箇所I型が完成する。

エッジ2箇所I型の場合、色が合っているエッジをRL面側に持って行って、OLL手順1を行うと、クロスが完成する。

おまけ

このパターンの場合はOLL手順1を2回連続で行うことでクロスが完成する。

手順を単純につなげると、「F R U R' U' F' F R U R' U' F'」こうなるが、真ん中の「F' F」は無駄なので省くことができる。

なので、「F R U R' U' R U R' U' F'」こうなる。

おまけ2

この状態から、OLL手順1をちょっと改良した手順でクロスを完成させることができる。

最初と最後の FF'w を付ける。つまり、F面を回す際に、中央も含めて2列分同時に回す。

Fw R U R' U' Fw'

全面

手順(以後、OLL手順2)を1つ覚える。R' U' R U' R' U2 R

R面を手前に、戻す、手前に、戻す。その動作の間に、U面の回転を挟む、という感じ。

単純な手順なので左右対称パターンも使えるようにしておく。


これらの形でOLL手順2を行い、クロスとコーナーが1箇所だけ色が合っている状態にする。(F面が下)


この形でOLL手順2を行えばU面の色が揃う。


この場合はOLL手順2の左右対称パターンを使う。

3層目(入れ替えて完成させる) [Permtation of the Last Layer]

コーナーを揃える

「T-Perm」という手順を覚える。

コーナーの色が一致している面をL面にしてT-Permを実行すると、全てのコーナーが揃う。

コーナーの色が一致している面が存在しない場合も、T-Permを実行すれば、1面コーナーの色が一致した状態になる。

R U R' U' R' F R2 U' R' U' R U R' F'

エッジを揃える

「U-Perm(a)」という手順を覚える。

U-Permを1~3回行えば完成する。

エッジが1箇所も揃っていない場合も、U-Permを1回行えば1箇所は揃った状態になる。

R U' R U R U R U' R' U' R2