shock-ch.com

7 Days To Die 【初心者向け】序盤の立ち回り

※はじめに

a20.6(b9)にて。

初心者向けに、最初の7日目のブラッドムーンホードを突破するまでの、お勧めの立ち回りを解説します。
拠点の作り方の詳細解説は割愛します。
電気系トラップがあるとホード突破が非常に楽になるので、それを目指す方針になります。
なお、難易度等の設定値はデフォルトの状態を想定しています。

チュートリアル

これは指示に従ってさっさと終わらせましょう。
必要な素材の場所が表示されるのですぐに見つけられるはずです。

スキルの取得

チュートリアルを終えると、スキルポイントが4もらえます。
その振り方ですが、

  • 「強さ(STR)」の「69年の鉱夫」 ⇒ 採掘系ツール強化
  • 「強さ(STR)」の「パメル・ピート」 ⇒ こん棒強化
  • 「知能(INT)」の「勇敢な冒険者」 ⇒ クエスト報酬にプラス影響

まずはこれらに振ることをお勧めします。
「69年の鉱夫」を Lv2 に、「パメル・ピート」を Lv1 に、
ここまでで最初の4ポイントは全部使ってしまうので、次にレベルアップした際に「勇敢な冒険者」を Lv1 にする。

なお、「69年の鉱夫」と「パメル・ピート」を取得したら、チュートリアルで製作した石斧とこん棒は破棄して作り直してください。より品質の高いものを作れます。
加えて、石のショベルも作っておいてください。

これ以降のスキルアップについては、まずは「知能(INT)」の「高度エンジニアリング」を Lv3 まで上げることを目指してください。

生活拠点を作る

地下の空間を確保しておくと、とても安全に活動できるので、おすすめです。
大量にはしごを作れるだけの木材をあらかじめ用意したうえで、
敵が入り込めないように最低限の壁を用意した後、ひたすら真下に掘り進めます。
岩盤まで掘り進んだら、はしごを張って地上に戻ります。

チェストやキャンプファイヤーも用意しておきます。これは、利便性を考えて、とりあえずは地上の拠点内の設置でいいです。
なお、くぎが確保できたら「書き込み可能な保管ボックス」を作ることをお勧めします。容量も大きく、箱に文字を書き込めます。

飲食について

私の場合は、漁って手に入れた食料以外では、クエストで稼いだお金で、自動販売機(商品は毎日更新される)で缶詰買う、それでも足りない場合はトレーダーから買う、で凌ぎます。

水分については、水源を確保してキャンプファイヤーでお湯にすればOKです。
水源はマップを見れば、青色で示されているので、一番近い場所を確認しておきましょう。

採掘などでスタミナが尽きた場合はすぐにお湯を飲みましょう。すぐに作業を再開できます。

序盤の武器

近接はこん棒でいい。重い武器はスタミナ消費が激しすぎるし、槍は安全に戦えるが威力が弱すぎる。
銃器は、簡単に作れるパイプ系を用意しておく。(パイプライフルは不要)
パイプ系銃器はリロードに恐ろしく時間がかかるので注意。
稀に、トイレからピストルが手に入る事がある。序盤に入手すると随分楽になる。
弾丸を節約するために、遠隔の初段は弓矢を使うのも良い。

夜の過ごし方

夜はゾンビがパワーアップするし、やばい生物が徘徊したりするので、地上での活動は、よっぽど慣れてきて、武器が充実している場合だけした方がいいです。
夜の時間については、地下拠点を整備する活動に費やしましょう。

調達必須なツール

レンチ(またはラチェット)

最重要アイテムと言っても過言ではないw
自動車やガレージなどにある壊れた作業台などを漁ると出やすい。
クエスト報酬や、ショップに並んだ場合など、真っ先に1つは確保する。

配線ツール

こちらは自分で製作する選択肢もありだが、材料の入手に難があるので、できれば製作するのは避けたい。
ショップで見かけたら購入しておいた方がいい。

くぎ抜きハンマー

炉を用意して錬鉄を作れるようなった時点で、もしまだ持っていなければ、自力で作って用意しておく。
建材のアップグレードや修理にはこれを使う。
また、作業台を作るのに材料として必要になる。

とにかくクエストをこなす

お金と経験値を稼ぐ、自転車を取得する、そのためにとにかくクエストをこなしまくる。
1日3つはこなしたい。

設備の用意や素材集めなど

錬鉄などを作るために必要。
地下拠点に設置する。(光や熱を放つ設備は敵を呼び寄せるため)
素材として革が必要だが、革は動物から採るよりも、革製のソファーから調達する方が楽。
ダクトテープは接着剤と布で作れる。

作業台

さまざまなアイテムの制作に必要。
素材にレンチとくぎ抜きハンマーが必要なのが厄介。
レンチとくぎ抜きハンマーは自分でも使うので、2つづつ用意しておく必要がある。

自動車や家電の解体

レンチを入手次第、手あたり次第に自動車や家電を解体して得られる素材を集めておく。

粘土層の確保

地表に近い地面を掘ると粘土層が入手できる。重要なので大量に確保しておく。
3ブロック程度の高さの堀を作っておくと防衛(ゾンビの足止め)に有効なので、粘土層集めを兼ねて、堀作りをすると良い。
粘土層は、各種金属系の作成に必要であったり、玉石岩の材料にもなる。
玉石岩は、建材を木からアップデートするのに必要なので、多めに用意しておく。

鍛鋼の確保

自転車を入手次第、町を回って鍛鋼を集める。
ブレードトラップ1つにつき10個必要。
加えて、ブレードトラップを修理する際にも必要になるので、その分を見越して多めに確保しておくと安心。
壊れた自動販売機、電灯、柱上変圧器(電柱の上のポリバケツみたいな形のやつ)をレンチで解体すれば手に入る。

防衛拠点の準備

ブレードトラップ(できれば2つ、重ねて配置)、発電バンク、エンジン、ガソリン、配線ツール、その他建材、を用意。

  • 建材は玉石岩で強化
  • ブレードトラップを必ず通過するような構造
  • ブレードトラップの攻撃範囲内で足止めする
  • ブレードトラップを安全な位置から修理できるように

これだけの条件が整っていれば、デフォルト設定での7日目のホードなら難無く突破できるはず。

参考動画